不動産管理システムを導入すれば仕事が円滑になる

一時的に貸し出せる方法

リフォーム

定期借家契約を結ぶ

住宅を貸す際には、不動産会社に仲介を依頼して不動産を貸す方法以外にもリロケーションという方法があります。リロケーションでは不動産会社でリロケーションサービスを提供している会社や専従の会社と契約を結び家を貸し出します。普通に家を貸し出す方法と、リロケーションの一番の違いは期間の定めがあることです。普通に住宅を貸す場合には普通借家契約を結びます。普通借家契約では、入居者が更新をしたいとの申し出があると正当な事由がない限り退去してもらうことができません。対して、リロケーションは定期借家契約を結びます。定期借家契約は、期間を限定して入居者と契約を結ぶ契約方法です。ですので、契約期間が満了すると入居者はすぐに退去し、所有者はすぐに住居に帰ることができます。このため、最近は転勤でしばらくの間自宅を開ける場合や、住居の住替えを行い元の家をそのまま残していたいという方がリロケーションを利用しています。このリロケーションには、転貸借と代理委託の2種類の依託方法があり、自分で選択が可能です。転貸借では、住宅の所有者がリロケーション会社と賃貸契約をし会社が入居者に貸し出す形を取ります。一方代理委託の場合は住宅の所有者が入居者と契約をします。転貸借は、入居者との対応はすべて会社側が行うために手間の少ない依託方法です。さらに、家賃の保証がある場合が多いので、安定収入を得られます。一方代理委託は、転貸借と比べると依託手数料をおさえることができるので、その金額分の家賃収入が増えます。